2Fと4Fを繋ぐ!事務所が2フロア(複数階)になったので別フロア用にASUSのRT-AC1200HPを購入!

6 4 B!7 0
先週事務所が赤坂から赤坂に移転して、事務所が広くなったので、ASUSの無線LAN中継機PR-AC52を購入&設置を紹介しましたが、実は新事務所は別階もノリで借りております。
 
2Fと4Fです。メインが2Fで4Fはサーバの組立作業をおこなったり在庫を保管・管理などに利用しています。

初の別フロアで直面する回線問題

ファングラーでは複数フロアの事務所は初めて。
 
「4Fでは開発用サーバなどを設置してテスト運用をしよう!」
 
と、いう話があがりますが、そうすると2Fのメインフロアと同じネットワーク環境にしなくてはいけません。
同じネットワーク
こんな感じです。
 
そして当然の如く、
 

  • funglr

    「4Fの回線どうすんの??」

  • 佐藤

    「別で光回線契約して引けばいいんじゃないですか?」

  • 意識高い系エンジニア小野

    「いや、それだと2Fからローカルでコネクトできないじゃん」

  • 佐藤

    「一旦2Fの窓から外に出して壁伝いに這わしてまた4Fの窓から通すとかはどうですか?」

  • Pepper

    「Pepperニュース!」

  • 意識高い系エンジニア小野

    「リアルティックじゃないねー・・・なんとかビルディングの中の配管にLANケーブルを通せないのかな?」

こんな感じの問題に直面します。
 
悩み悩んで管理会社さんに相談、そしたらOKとの事。素晴らしい!
そして工事業者さんに相談、そしたら問題ないとの事、素晴らしい!

2Fのルータから4FへLANケーブルを!

まずこのメインのルータから上に通すために、上に通す穴まで床下を這わせます。
 
そしてこの工事業者さんが通してくれた穴に通します。
工事業者さんがビニール紐をぶらーんと下げておいてくれたので、それにLANケーブルを強固に結び4Fから引っ張ります。

開通した4F用にASUSのRT-AC1200HPを購入!

RTAC1200HP
4F用に購入したRT-AC1200HP。RT-AC3200に比べると弱そうですが、5GHzと2.4GHzのデュアルバンド対応で、サブ機では十分。
あ、これ恒例の開封式をする流れだ。
 
RTAC1200HP
箱の裏面。相変わらず強そうな感じ。

いざ開封!

RTAC1200HP
ジャストサイズに収まってます。良い感じに守られてる感があります。
 
RTAC1200HP
同梱物。ACアダプターとLANケーブルと説明書。
電話サポートや訪問設置サポートなどの案内も。あれ?ASUSのルータ今まで3台買ったけど、サポートの案内は初めて。
RT-AC1200HPは一般家庭用でRT-AC3200は玄人が購入するからかな?もしくは購入時期で最近始まったサービスなのかもしれません。

漆黒に輝くボディ

RTAC1200HP
見てください、このカッコイイボデー。
 
RTAC1200HP
アップ。ASUSのロゴもゴールドでクールです。
 
RTAC1200HP
正面から。見てください、このカッコイイボデー(2回目)
 
RTAC1200HP
サイドから。LANポートは4つ。USBポートも一つ付いてます。USBポートを使えばNAS化も可能です。
 
RTAC1200HP
裏面。安心の日本の技適マーク。

RT-AC3200の比較

RTAC1200HP
メインで利用している無線LANルータRT-AC3200と比較。

IMG_2555_w爆速最強の無線LANルータの後継機が登場!「ASUS RT-AC3200」を開封してみたので早速レビュー!
以前、弊社でASUSの強そうでトゲトゲしい(?)ルータを導入した記事を書きましたが、今回、その後継機種であるRT-AC3200を導入致しまし...

 
RT-AC3200は強そうで、置く場所を選ぶ感じですが、RT-AC1200HPは置く場所を選ばないエレガントなデザインとなってます。

RP-AC52の比較

RTAC1200HP
昨日、設置した無線LAN中継機RP-AC52と比較。
RP-AC52も光沢がありエッジの効いたデザインですが、こちらはホワイト。
ブラックでもホワイトでもASUSのロゴはゴールドで統一されてます。

いざ2Fから4FへLANケーブルを開通へ!

まずメインの無線LANルータの設置されている箇所から、天井まで配線する必要がありますが、当然デスクの上を通っていくわけにはいかないので、床下のOAフロアを経由して天井穴の近くまで通します。
 
RTAC1200HP
この様にファングラーの新オフィスは檜床になっていて剥がすのも一苦労・・・。
弊社のサーバエンジニアが社内ネットワークも担当していますが、
「エンジニアなんだから檜床くらい簡単に剥がせるでしょ?」
と言えば簡単に剥がしてくれます。
 
RTAC1200HP
天井穴の真下の床まで床下から配線して、いざ天井へ向かいます。
 
RTAC1200HP
天井に無事到達。工事業者さんが空けてくれた穴にあるビニール紐と強固に結んで、4Fから引っ張ります。
この通り綺麗に収まりました。ちょっとケーブルが見えてるのがアレですが、スピーカーの真裏なので気になりません。

無事4Fに無線LANルータを設置!

RTAC1200HP
無事に設置できました。
 

どこにでもオシャレに置けるエレガントなIEEE802.11ac/n/a/g/b対応無線LANルーター

引用・出典:https://www.asus.com/jp/
というキャッチフレーズの同製品ですが、
窓際に置くとなんだかエレガントな雰囲気が少し損なわれた感が・・・
今度時間ある時にエレガントに設置し直します。
 
「エンジニアなんだからエレガントにルータ設置できるでしょ?」とお願いすればきっと大丈夫。