インタビューVol.1

会社の成長以上に、自分自身も成長を。

どうしてエンジニアになろうと思ったのですか?

自分は大学時代、国際関係の学部を選考していたのですが、グローバル社会においてインターネットは不可欠。インターネットが繋がれば世界が繋がる。そう考えだして、自然と情報関係の学部の人と過ごす様になりました。エンジニアに興味を持ちだしたのもそのくらいですね。
そうやってインターネットの事に興味を持ちだしたにも関わらず、就職活動時期が来て、エンジニアになりたいのに、就職する先の候補にエンジニア職がない・・・。どうしようって感じでした。
そこで、未経験でも教育制度をしっかり設けていたファングラーと出会いました(笑)

ファングラーはまだ創業4年という若い会社なのに急成長していて、ITをベースに事業展開していました。この成長に付いて行きたいと思いますが、会社以上に自分も成長しないと!と思いました。

インタビューVol.1

エンジニア未経験・初心者でも学べる環境があった

大学時代からエンジニアに興味があったのですか?

そうですね。自分は武蔵野美術大学でデザインを学んでいて、アプリのモックアップとかデザインしたりしていたんですが、所謂ITの知識やスキルが皆無でした。
もし自分でプログラムが書ければ・・・と常に思っていました。しかし美大なので周りもデザイナー志望の人達ばかりで、独学しようにも何から手をつけたらいいか全くわかりませんでした。

IT関連の企業をターゲットに就職活動をおこなっても、HTML/CSSもわからないので当然Webデザイナーとしても弱く、IT企業は諦めてたのですが、企業説明会でファングラーの「未経験からでもエンジニアになれる」と説明を受けて「ここだ!」って思いました(笑)

インタビューVol.1

ベタな言い方だけどアットホームな雰囲気

ファングラーに入社してどうですか?

雰囲気がすごい良いですね。ガチガチのOJTとか研修制度という感じではなく、地元の仲の良い先輩が色々教えてくれるっていう感じです。
わからない事があったらすぐ聞ける環境って当たり前の様で、中々難しい。専門職となると尚更。普通だったら「そんな事もわからないのか?」って萎縮してしまう事もあるかもしれないけど、聞きやすい環境です。
これって制度とか体制っていうより、ファングラーの壁がない自然な空気なんだと思います。

どんなに会社の体制が整ってても、やっぱ入社したては話しかけにくい、緊張する等見えない壁が存在します。そういうのを払拭するために、普通は歓迎会とかランチとかでコミュニケーションをおこなって、話やすい空気を作るんでしょうけど、そういうのをしないで初日から壁がない空気があって、研修も仕事もしやすい環境だと思います。

インタビューVol.1

楽ではないし厳しいが楽しさがある

エンジニアとしての一歩を踏み出してみた感想は?

まだエンジニアって名乗れるレベルじゃないのですが、とても楽しいです。決して楽ではないですし、視覚的な要素が少ないので、自分のやっている事がわからなくなって混乱してしまう事もあります。
GUIに慣れてるのでLinuxの操作はまだまだぎこちないですが、日々成長していってるというのが実感できるのでとても楽しいです。

技術は日進月歩なので、今身に付けた技術も数年後には使えなくなる可能性があります。なので研修を終えた後でも勉強して行かなくてはいけません。
新しい技術が生まれると会社にはその新しい技術は誰も身に付けていません。そんな時に自分が率先して技術習得して皆に教えられる様になりたいですね。

インタビューVol.1

ファングラーに興味のある方へ

ファングラーでは新卒採用・中途採用いずれも積極的におこなっております。
また会社見学など終日可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。