インタビューVol.3

データセンターが全ての事業のインフラになっている

ファングラーでは何を担当しているんですか?

自分はアウトソーシングの営業をおこなっています。自社のエンジニアを育てて、現場で活躍してもらうためにパートナー会社へ営業をしています。
ファングラーの事業の一つ、データセンター事業があるので、新卒でエンジニア未経験でも社内で育成して、実践できる環境が整ってます。

技術系のアウトソーシングの会社では、エンジニア全員が現場出向をして、自社ではインフラ環境がない・自社では何も作っていないというケースも少なくないですが、ファングラーでは、育成して実務に入れるので、ファングラーの信用を得る重要なファクターになっている。
Eコマース事業もあるのでセキュリティに対する理解なども深められて、それがパートナー会社への信頼にも繋がる。 社内で実務をおこなっているエンジニアが、そのままメンターをおこなってくれるので自分は営業に専念できる。

またアウトソーシングでは現場での契約が終わった後、次の案件をすぐに探さなくてはいけない。しかしファングラーでは社内案件があるので、暇を持て余すことも少ない。
現場で新しい技術を身に付けたら、それをファングラーでアウトプットする事もできる。各事業での連携が良い感じです。

インタビューVol.3

気がついたらITに染まっていた

ファングラーに入社してから変化はありましたか?

私はバックオフィスとして中途で入社しました。前職が非ITだったので、ITを活用っていう文化が少なかったですが、ファングラーにはエンジニアの方やWebデザイナーの方しかいなかったので、自然とインターネットを活用する様になりましたね。

社内ではペーパーレス化を進めてるのですが、最近はタイムカードをタブレットとFeliCaポートを使った物に変更して、出退勤データを自動でExcelデータにしてくれるツールを導入しました。
今までは紙のタイムカードで毎月手入力でExcelに入力していたのですが、かなり業務効率化ができました。
こういうのも社内の人達が多方面にアンテナを張っていて、情報共有してくれるので、かなり助かっています。

インタビューVol.3

デザインは全ての業種で活きる

デザイナーとしてどの様な事をしていますか?

ファングラーで運営しているWebメディアの制作や、Eコマース事業のパッケージデザインからランディングページの制作など幅広くやっています。
受託でのWeb制作もたまにやっています。事業ではなくスキルアップ目的の部分が多いですが、そこから別の事に広がっていく事もありますね。

地味の多いのがファングラーの販促物。ファングラーはデータセンターやシステム開発、技術系のアウトソーシングなど、技術メインの会社というイメージが強いですが、実はクリエイティブにも多く拘っている。
名刺や会社資料などの紙媒体もインハウスで制作してます。急にこういうのを作らなきゃいけない!ってなっても社内ですぐに対応できます。
オフィス移転の時に、移転が急だったので、移転案内ハガキなど作ったのですが、即日対応できました。
ファングラーっでは色んな事業がありますが、どの事業でもインターネットは不可欠ですし、デザインは必ず必要になります。
技術力・クリエイティブ力が全ての事業に活用されていると思います。

インタビューVol.3

ファングラーに興味のある方へ

ファングラーでは新卒採用・中途採用いずれも積極的におこなっております。
また会社見学など終日可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。